ようこそ、はぎもと助産院です

 「あなたの妊娠・出産・子育ての伴走者でありたい」

 

 

飯田で開業してもうすぐ丸3年。

南箕輪村での開業を含めると9年になります。

開業当時2歳だった娘も11歳。

開業のきっかけは、私自身の孤独な子育て環境にありました。

妊娠出産は幸せな反面、

「こんなはずじゃなかった」や「誰か助けて」「話を聴いてほしい」

って思うこともたくさんあります。私もそうでした。

でも誰にも助けてって言えなかった。たくさんたくさん悩み苦しんだ。

だからこそ開業して、同じ思いの方の傍にいたいと思いました。

 

「やれるときに・やれることを・やれるだけ」

をモットーに子育て優先でこれまで活動してきました。

とにかく細く長く続けるための私なりの仕事と子育てのバランスのとりかた。

子供たちの成長とともに、そろそろ私もアップグレードする時期にきたようです。

お産もやりますよ(っていうかやってなかったわけではないですが…)

 

まずは出張分娩から。

そして来年には助産院の移新築というまさかの大展開。

有床の助産院として分娩はもちろん、私がずっとやりたかった産後入院も。

心と体を癒し続けたい、伴走者でありたいと日々願っています。

 

新着情報

地鎮祭が行われました

7月18日

助産院の建築予定地で地鎮祭が行われました。

 

猛暑日でしたが

建設会社の方が日よけでテントを用意してくださり

和やかな雰囲気の中で、

期待と笑顔に溢れた素敵な地鎮祭になりました。 


助産院の建設予定地が決定ヽ(´▽`)/

2月20日に建設会社の社長さん、管理者であるJA担当者の方に立ち会って頂き、土地の所有者の方と契約を交わしました。

 

助産師である前に母親でもある私が、安心して仕事に向き合える場所。

自宅と娘の学校の中間地点に建てたい!それが唯一の私の拘り。

実はもう何年も前から、助産院を建てるならこの場所しかない

と思い続けていた場所なんです。

地主さんは「地域のために」と、資材置き場として貸し出していた場所を提供して下さいました。

 

私一人の願いだけで始まったこのプロジェクトは、

今やチームとして動き出しました。

着工は夏以降の予定です。